全統模試

Fri, 17 Jul 2020 22:27:49 JST (18d)
Top > 全統模試

年間ラインナップ Edit

高3・卒生 Edit

実施時期模試名塾生必須備考
プライムステージ
第1回全統共通テスト模試模試ナビ対象
第1回全統記述模試模試ナビ対象
思考力・表現力テスト
第2回全統共通テスト模試模試ナビ対象
第1回東大入試オープン
第1回京大入試オープン
第1回東北大入試オープン
第1回名大入試オープン
第2回全統記述模試 模試ナビ対象
大学入試論述力テスト
第3回全統記述模試模試ナビ対象
第3回全統共通テスト模試模試ナビ対象
第2回東大入試オープン
第2回京大入試オープン
阪大入試オープン
北大入試オープン
第2回東北大入試オープン
東工大入試オープン
一橋大入試オープン
第2回名大入試オープン
神大入試オープン
広大入試オープン
九大入試オープン
早大・慶大オープン
全統医進模試
全統プレ共通テスト模試ナビ対象

高2生 Edit

実施時期模試名塾生必須備考
第1回全統高2模試模試ナビ対象
第2回全統高2模試模試ナビ対象
高2プライムステージ
第3回全統高2模試模試ナビ対象
全統共通テスト高2模試模試ナビ対象
全統高2記述模試模試ナビ対象
春または秋学びみらいPASS

高1生 Edit

実施時期模試名塾生必須備考
第1回全統高1模試模試ナビ対象
第2回全統高1模試模試ナビ対象
高1プライムステージ
第3回全統高1模試模試ナビ対象
第4回全統高1模試模試ナビ対象

受験する上での心構え Edit

  • 模試の前夜は早めに就寝して,睡眠を十分にとること。
  • 全統共通テスト模試,全統記述模試,全統プレ共通テストなどについて,大学受験科の実施日は,公開実施日(現役生・一般生)と異なることがあるので,「塾生手帳」や「塾生マイページ」などで日程を確認しておくこと。事前実施(公開実施日前)の場合には,問題冊子は回収され,解答・解説集とともに後日のチュートリアルで渡されることになる。
  • 河合塾生(大学受験科生,高校グリーンコース生,MEPLO生など)は塾生の特典として模試の無料受験がある。
    • 大学受験科では,塾生の特典として模試の無料受験がある。申込み方法は一般生と異なっており,チュートリアルでの指示に従って手続きをすることになっている。無料受験の回数はコースによって決められており,必須受験模試と無料受験を申請する必要がある模試に分けられている。あらかじめ計画を立てておくこと。
    • 高校グリーンコースでは,塾生の特典として模試の無料受験がある。申込み方法は一般生と異なっており,独自のウェブサイトで処理を行うことになる。無料受験の回数は学年によって決められており,必須受験模試と無料受験を申請する必要がある模試に分けられている。あらかじめ計画を立てておくこと。
    • なお、生徒の失念等によって模試の申請にトラブルが起きた場合は速やかに所属先の校舎に問い合わせよう。大体の場合は解決する。
  • 自己採点のために,問題冊子にも答を記すのを忘れないようにしておくこと。
  • 模試の活用も参照。

特徴 Edit

全般 Edit

  • 作問は各科目(教科?)ごとのチーフを筆頭とした複数の講師による分担作業であるとは言え、その一連の作業はとにかくハードなのだそう。
    • 作問依頼を了承した講師は某所での缶詰状態の作問と、その後の会議での修正を繰り返されることとなる。なお、作問が終わるまで元の場所へは帰れないのだそう。
    • 仮の作問を終えた講師は作問会議を実施し、問題で問う内容や、問題文の選択肢の校正と調整を行う。誤植の訂正は勿論のことだが、不正解となるポイントにも修正が迫られると言う。
  • 記述式の模試では、模擬試験実施後に作問者やチーフ総出で採点会議が行われる。
    • 記述式答案の微妙な表記のみならず解答欄の外に出た文字や解答欄外の落書きでも先述の会議の議題になるので「絶対に変なことを解答用紙に書くな」と嘆願する人も。
  • 模範解答・解説が掲載された冊子である「学習の手引き」は「とても凄い人」が書いているのだそう。
    • ある講師曰く「解説は死ぬ気で書かれたものなのでとにかくしっかり読んでくれ」とのこと。
  • 模試の返却時には原則としてその模試における作問者による講評や各問題の正当率等が詳細に記載された "ANTENNA" ないしはそれの類書が成績書と同封される。「簡単な内容の筈が出来が悪い問題」等についても事細かに言及されているので適せん活用されたい。

全統共通テスト模試・全統プレ共通テスト Edit

各予備校のマーク式の模試の中で最も母数が多いのはこの模試になると思われる。共通テスト(←センター試験)と言う特異な環境下に慣れる良い機会であるため、受けて損をすることは無いだろう。
なお、塾生の場合はスカラシップ(学費免除)を受けるか否かの対象となる。

全統記述模試 Edit

各予備校の記述式の模試の中で最も母数が多いのはこの模試であると思われる。記述模試としては比較的易問を多目に配置するスタンスである為、最上位層の中には受験を避ける人もいる。とは言え、オープン模試とは異なり、その大学を志望する幅広い層の受験生と共に成績比較が出来る模試であるため、受けて損をすることは無いだろう。
なお、塾生の場合はスカラシップ(学費免除)を受けるか否かの対象となる。

プライムステージ Edit

特定の大学をターゲットにした模試ではないが,全統記述模試に比べて難易度の高い問題が出題される。特に難関大を目指す人にとっては,新たなスタートをきるうえでのよい腕試しになるだろう。

全統医進模試 Edit

全国的な医学部入試(特に国公立大学と慶應義塾大学)を想定した模試であるが、国語や面接を試験としては課していないため、それらを除外した判定を行っている。

オープン模試 Edit

1972年に初めて実施された東大入試オープンを系譜とした模試であり、全国的に行われる大学別模試としての歴史はとても長い。模試ナビ非対応。
これらの模試の受験後には「成績統計資料と学習アドバイス」と言う冊子が解答用紙と共に郵送される。これにはそれぞれの問題講評,最終的に確定された配点,成績優秀者が掲載されている他、答案の採点に関する問い合わせ用紙も付録されている。
近年では「特定大オープン模試」を総称として用いている模様。

東大入試オープン Edit

京大入試オープン Edit

名大入試オープン Edit

東北大入試オープン Edit

ここまでは年2回実施

  • 夏季にオープンが開催されない他大学(北大,東工大,一橋大,広大,九大,早大,慶大)を志望する受験生が上記のオープン模試を受験している場合がある。

北大入試オープン Edit

東工大入試オープン Edit

東工大入試を意識しているためか、解答用紙は全て片面印刷となる。但し、実際の入試と違ってホッチキスどめではない。

  • 数学は、東工大数学らしい膨大な計算量や正確な論証が求められる問題が多い。しかし、問題文はやや大人しく、短い問題が多いように思う。
  • 物理は、毎年のように第1問,第2問で融合問題が出題され、本番より難度は高いものと思われる。ほぼ隔年(2019年など)で原子物理が出題されると言われている。
  • 化学は、本番より難度は高いものと思われる。

一橋大入試オープン Edit

広大入試オープン Edit

九大入試オープン Edit

早大・慶大オープン Edit

「早慶」と言うネームから文系向けの模試と思われがちだが、しっかり理系志望者用の科目も設定されている。
早稲田大学創造理工学部建築学科の一般入試で課される「空間表現」が科目の一つとして追加されている数少ない模試である。早大理工建築学科対策メインの模試はあまり無い為、受ける価値はある。

  • 高3生,高卒生対象の記述・論述式模試としては、一年の中で最後に行われる模試である。
  • 学校や学部によっては傾向や形式が大きく異なる2校の入試を無理矢理一体化させている為、出題形式がそれぞれ独特なものとなっている。
    • 数学では理工・医系向け,SFC向け,文系向けに大別されるが、理工・医系向けの数学では5問中3問は早大理工形式、残り2問は慶大形式のハイブリッドとなる。
    • 英語では慶大文学部向け,それ以外に大別されるが、後者の英語では「第一志望の学校,学部」向けの問題を解くと言う極めて特殊な形式である。
    • 理科(地学除く)では第1問が早大理工の第1問形式を踏襲されている。

ここまでは年1回(秋)実施

模試ナビ Edit

模試ナビを用いて自己採点や復習などができる。一括返却よりもわずかながら早く結果が入手できるので塾生以外で登録している者も多い。

廃止された模試 Edit

全統マーク模試・全統センター試験プレテスト Edit

様々な予備校でマーク模試が行われるが、その中で一番質が高くセンター本番に近いと思われる。ただ、どこのマーク模試もそうだが、難易度はセンター試験を越えて中堅私立大学レベルに設定されている。
ある講師の話では、センターレベルに近づけるのは簡単だが、平均点もかなり上がってしまうし、模試をやっている意味がないのであえてあげている、とのこと。
だから、マーク模試の点数より、過去問や本番の方が点が高いこともよくある。
東大や京大受験生はセンターを安易に考えている者も多いが、事実センターを失敗する人も多いし、2次の負担(点数、精神面)を減らすためにもマーク模試を本番を想定して毎回こなしていくのがよい。
リスニング試験では、原則としてリスニング受験者全員が全統模試専用のICプレーヤーを操作して解答を進める形式であった。
なお、秋期の国公立大オープン模試や全統医進模試は,第3回全統マーク模試とのドッキング総合評価が行われる。

河合塾・Z会共催 プレステージ Edit

2018年度までZ会との共催で行われていた。2019年度から「プライムステージ」に名称変更。

全統論文模試 Edit

全統小論文論述力テスト Edit

塾生(現役生含む)向けおよび高校実施のみの模試で,一般向けの公開会場実施はない。小論文入試で問われる「論述力」の弱点や学習課題を明確にするためのものであり,「解答・解説集」とは別に配布される教材「学習のアドバイス」が役立つ。入試科目に小論文がある人は受験して上手に活用し,秋の「全統論文模試」につなげること。
<医系/自然科学系/法・政治・国際系/経・商・情報系/人文系/教育系/スポーツ系/芸術系/英文型/図表型/志望理由型>の全11題から1〜2題選択解答。1題90分。

全統難関15私大模試 Edit

全統私大・短大模試 Edit

全統私大模試 Edit